So-net無料ブログ作成
検索選択

原価消却から始める簿記2級検定:その⑨ [『原価消却』から始める簿記2級検定]

 昨日の記事で誤解されている方がおられます。

週末のイレギュラーイベントはこの上ない歓びであり
最大の気分転換でありました。

この場をお借りして改めて御礼申し上げます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここで工業簿記について語っておきます・・・

何度か申し上げているように、57年の人生に置いて
簿記と向かい合ったのは今年の6月からである・・・

商業簿記に対する拒絶反応は今でもある・・・

が、しかし工業簿記は意外にも違和感が少なく受け入れる事が出来た・・・

これは私が一貫してして製造業に従事していたからだろうね・・・

全てがイメージしやすいんですよ、
実務に置き換えて考えれば良いから・・・

また、五流大学ではあるけれど
機械工学卒であり、典型的な理系人間なんです・・・
(3Dプリンターで鉄砲造っちゃった輩の勤めていた大学)

幾つかのパターンさえ理解すれば
2級の原価計算やCVP分析なんかはどうってこと無い・・・

出来れば工業の仕訳なんかは
出題して欲しくないなって感じでした・・・

 
 

 

初めてパブロフ君の3級:実践問題を解いたとき
6時間も掛かっていた・・・

初めてのパブロフ君の2級:実践問題でも4時間位掛かった・・・

でも、一週間前の段階では、どんなパターンでも
90分で納まるようになっていた・・・

何故か?

端的に申し上げれば
『捨てる』
事が出来たからだ・・・

『捨てる』
とは何か?

つまり、時間の消費と点数のバランスを考えた場合
あえてその問題(部分解答)をハナから無視すると言う手法である・・・

ここに至までには私なりに葛藤があった・・・

例えば”清算表”などはキッチリと埋めてしまいたいタチである・・・

が、しかし合格点を取ると言う意味では無意味なのである・・・
いや、逆に弊害でもある・・・

それを明確に指示して下さったのが
”新パブロフくんが日商2級、3級を目指すブログ”
である・・・

実践問題の解説の中に何度も”捨てる”との表現があった・・・

先にも述べたように拙者は捨てられないタチなのだ・・・

だが・・・捨てたら驚くほど時短になった・・・

以前の記事で申し上げたように
”ジグソーパズルのフレーム内に全体像さえ浮かべば良い”
と言う手法でもある・・・

また、仕訳および計算値は直接、問題用紙か
解答用紙に書き込む荒技も取得した・・・

パブロフ君様々である
m(_ _)m

 

もっとも問題用紙、解答用紙に直接書き込むと
使い回しがしづらい・・・

最初は勿体ない精神で消しゴムで消していたのだが、
10月中盤からは即廃棄のそして新規印刷の体制で臨んだ・・・
こちらも捨てる・・・である。
DSC_0120.jpg
こんなゴミ袋が三つも四つも出たよ・・・

 

 

それともう一つ・・・

私的見解として、
電卓による計算速度は
気にしない方が良い・・・

サッカーに置き換えてみよう・・・

例えばウサイン・ボルトがサッカー選手として
活躍出来るかと言えば・・・NOだよね

ボルト.jpg

足が速い方がサッカー選手としては優位である・・・

 
しかし、足が速いだけでサッカー選手なれる訳じゃ無いんだよ・・・

ロナウジーニョ.gif
 

とどのつまり、私はゆっくりと正確に間違いなくキーを押すことにした

だって、清算表を完成させる必要が無いんだからね

つまり電卓なんて何でも良かったんだよ・・・

 

 

 

”本番の前夜”

戦略を練る・・・
 

明日は、いつもと同じように起きて午前中に
今一度、工業簿記の第4問、第5問対策をおさらいしよう・・・

そして、早めに開場入りし心を落ち着かせよう・・・

冷静さを保てたら、
会場内で第1問対策の仕訳を出来る限りやりたい・・・
そう思った


勿論、第2問・第3問を捨てた訳じゃないよ・・・


本番では
1→4→5→2→3
の順に解く・・・

最初に全てに目を通すことはしない・・・絶対にね

時間配分は1,4,5で50分
2,3で50分

残り20分で1,4,5の見直し・・・

特に1のケアレスミスは痛いので要注意!

 

”余程のこと”が無い限り合格可能と踏んでいた・・・



冷静且つ、
闘志に充ちた私が・・・そこに居た

そして伝説となるであろう
第138回簿記2級検定を迎える事になる


 
・・・・・続く・・・・・


nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 6

コメント 4

HOTCOOL

準備万端だったんですね・・・
by HOTCOOL (2014-12-24 04:20) 

親知らず

TOEICの穴埋め問題も品詞を問う問題は
文の意味を考えずに3秒で通過しろと言います。
考えなくても分かる問題、考えても分からない問題は止まらず
考えないと答えが導けない問題に時間を使えと。
考えたら分かりそうな問題への未練をいかに断ち切るかが
勝負になります。
全部の出会った人にきちんと向き合わないみたいで、無視している
ような気がして、慣れるまで出来ませんでした。
by 親知らず (2014-12-24 07:58) 

paulo

何回も試験はあったけどここまで
 綿密に考えたことはなかったよ
  
by paulo (2014-12-24 09:30) 

pn

誤解はしとらんよ。
by pn (2014-12-24 21:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。