So-net無料ブログ作成
検索選択

原価消却から始める簿記2級検定:その⑪ [『原価消却』から始める簿記2級検定]

試験開始

監督官から一通りの説明があり、
答案用紙に受験番号と名前を記入

13時45分に開始、ストップウォッチをスタートさせた・・・

予定通り第1問から取りかかる。
第1問.jpg
特別にひねりは無いが、
5.で引っ掛かる・・・

自分の中で”消費税”の扱いが曖昧だったのだ・・・
少し前から”やろうやろう”と思っていたのだが
スルーしていた・・・

しかしまぁ良いだろう、
16点(自己採点)なら御の字だ・・・

引き続き第4問に取りかかる・・・
第4・5問.jpg
『うぅぅぅ~、仕訳か・・・』
工業簿記で一番出て欲しくないパターンだ・・・

とりあえず分かるところだけと思ったが
意外に計算量が多い・・・

それでも16点(自己採点)は行けるだろう・・・

第5問は単純な原価計算
これは計算間違いさえなければ高得点を狙えるね。
最後に今一度確認しよう・・・

ここまでで、55分消化・・・
予定よりも若干遅れているが問題は無い・・・ハズだった


そして恐らく今後、伝説として語られるであろう
第2問と対峙するわけである・・・
第2問.jpg
『株式資本等変動計算書』

(?_?)

これほどこの絵文字がピッタリの表現は無い・・・


暫しフリーズ(多分30秒くらい)

 
『止め、第3問を先にやろう・・・』
と決断
第3問.jpg
貸借対照表を完成させる問題だが・・・

こいつの日本語、まったく分からん・解らん・判らん
の三重苦・・・

 
適当に埋めて、第2問に再チャレンジ・・・
この時点で残り35分・・・

 
御年57歳の旧式CPUをフル回転させて
与えられた条件から、それらに近いと思われる数値を回答欄に
記入していった・・・

 
そして監督官が
『残り5分です』
と言ってもまだ全てを記入できていない・・・

 
もう適当ね・・・
書かなきゃ当たるはずも無し

 
そして、ジエンド・・・

 
見直す余裕なんか、全然ナッシングぅ~

 
『これから解答用紙を回収します』
の声を聞いた時点で旧式CPUはオーバーヒートしていたね・・・

 
完璧にキレていたのだよ、私は・・・

 
序章でも述べたが、
確かに私のように不純な動機で臨んでいる輩は
どうでも良いことかもしれない・・・

 
されど、本当に就職の為とか、社命とかで
どうしても合格したいと願い、また努力を重ねた方々に対して
何とも酷なやり方だ・・・違うかな?

 
まるで賽の河原に積まれた石を
こともなげに打ち壊す鬼のような所行・・・
賽の河原.jpg

そして監督官が
『全て回収しましたか? 回収漏れは無いですね?』
と言った途端に、私は問題用紙を高々と掲げ
こう言ったのである・・・

 
『まだ集めていませんよ!』

 
『えっ!』
監督官が飛んできた・・・

 
そして、
『これは問題用紙でしょ?』

 

『そうですよ』
と私・・・

 
『持ち帰って良いんですか?』

 

監督官は何も言わなかった

 
本当なら
『持ち帰って良いんですか? こんな問題を世間に曝して良いんですか?』
と言いたかったが、監督官の怯えた目を観て止めた・・・

試験会場に同席されていた若者達は私のことを
「トンチンカンな爺」
と思った事でしょうね・・・

 
そして、誰もいなくなった教室を後にした・・・

 
あまりにもヒートアップしすぎて
精神が崩壊状態だったのだろう・・・

 

 
場違いな映画のラストシーンを思い出していた
『ローマの休日』
ローマの休日ラスト.jpg
主人公のジョー・ブラッドレーが宮殿を後にする
あのシーンである・・・


 
勿論、彼の場合とは違うが、
”抗うことの出来ない無力感”
が、私を支配していたのは確かだよ・・・

 
・・・・・続く・・・・・

nice!(6)  コメント(3) 

nice! 6

コメント 3

HOTCOOL

よく”ちゃぶ台”をひっくり返しませんでしたね。。。
by HOTCOOL (2014-12-26 04:32) 

pn

おじちゃんが理解できない日本語なんて俺から見れば外国語だぞ(笑)
by pn (2014-12-26 06:36) 

paulo

コリャ〜かなり難しい
森は見てたけど木は見ていなかった
by paulo (2014-12-27 03:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。