So-net無料ブログ作成
検索選択

第59回 有馬記念:G1 [2014年予想と結果]

ついに今年も最後のGⅠとなりました。

私の本命は、狂気の馬 
7枠13番:エピファネイア
です・・・

皐月賞2着・タービー2着と不完全燃焼のクラッシック・・・

しかし最後の菊花賞で念願のGⅠ初優勝

そして順風満帆の4歳となるはずがその後
3着・4着・6着・とまたも善戦マンに逆戻り・・・

鞍上をCスミヨンに変え、迎えた前走のJCで
4馬身差の圧勝・・・

府中の2,400m:GⅠではめったに無い事です

私的見解を申し上げれば
『福永がヘタ』
それに尽きますね・・・

これを観て下さい

IMG_2136.JPG
右側が天皇賞:秋でのエピファネイア(HC君と観てた)
左側が凱旋門賞のジャスタウェイ・・・
『折合わず』

『捌けず』
とどのつまり技量が無いんです、牡馬に対して・・・
エピファネイアの前走を観て下さい

レース後に陣営は
『見事に折り合って・・・』
とコメントしていますが、とんでも無い・・・

Cスミヨンは折り合ってはいません・・・
が、しかし喧嘩もしていません・・・

ガッチリと手綱を引き締め、
でも、馬の行く気を削がない・・・

以前、米国の名手ケント・デザーモの騎乗を
『半分ハミを掛ける』
と表現した方が居ましたが、まさにそんな騎乗です・・・

世界を股に掛け鞭一本で生きて行く男だけが
持ち得る技量・・・流石です!

もしも、彼がずっと手綱をとっていたなら、
三冠馬になっていても不思議は無いでしょう・・・

さて、今回の鞍上は川田君に手代わりです

このコーナーで何度も書いていますが
所謂『やんちゃ』ですね・・・

福永君と比べると、家柄は似ていますが
格が段違い・・・

福永君はあの名手福永洋一の倅、
川田君は地方競馬の一族の生まれです。

そのせいか勝利に対する”欲”が違うのでしょう。

川田君の方が明らかに貪欲に見えます。

川田君のレース前のコメントでは、
『折り合い』
をクチにしていますが、三味線でしょう・・・

行けるならハナでも良いと思っているハズ

狂気の馬は、その狂った部分が最大の武器です!

外枠不利も関係なし・・・

三連複フォーメーション

13 - 01.06.14.15 - 01.02.03.04.06.07.10.14.15

全26点×300P=7,800P

3連単マルチ

 
13 - 01.06.14.15

全36点×100P=3,600P

合計11,400P

で締めくくります!

裏星人殿、まだ間に合います(^_-)


 


 


タグ:有馬記念
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:競馬

nice! 2

コメント 1

paulo

準備が足りませんでした
次回は送金します
by paulo (2014-12-28 19:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。