So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

Javaざ・・・はっと! [雑感]

久々すぎて記事の書き方を忘れました・・・

さて、裏側の御仁からHelpのLineが来たのが
1月20日(a sexta-feira)の午前05:14 ・・・

 皆様ご存知の「so-net blog、アップロード出来ない」事件である・・・

このおっちゃん、また要らんことをしくさったな・・・
(心の叫び)

とは思いつつ、週末に難題を持ち越したくない気持ちが私を支配・・・
(貧乏性)

送られてきた管理画面を見て即座に
『もぉ~、リッチテキストにチェック入って無いジャン』

と、その旨を伝えた・・・

裏側から『ダメです』 
のアンサー

うぅぅぅぅぅぅ~・・・

スマホで自分の管理画面に入りチェック・・・

何ら問題ナッシングゥ~
(古すぎ)

そうこうしているうちに
mutumin亭でもトラブル発生の報

そいでもって、mutumin亭に急行するも・・・

まあ正直申し上げて 
見当外れなコメ多発・・・

最悪なのはマシンスペックに言及していること・・・

イマドキそんなPCだったらOSが起動しないよ

 

で、私が提案したのは
Javaの更新』
『ブラウザの閲覧履歴を全削除』
の二つ・・・

まぁ、PCを寒風にさらして反省を促すというのもあったけどさ・・・

で、結局
『ブラウザの閲覧履歴を全削除』
が当たりだったみたいだね・・・

ではここでタネ明かし・・・

Javaの更新案の思いつきは、
つい最近Web提供のダウンロードタイプソフトが起動しない場合、
Javaのバージョンが不適合という事例があったから。

jabba_3.jpg
 (ジャバ違い)

 

そして、本件の解決策と考えられる『ブラウザの閲覧履歴を全削除』は、
JRAのPAT(電話投票システム)の不具合解消策に
その旨が明記されていたこと・・・

共に私の実体験に基づいた提案であった・・・

ある方が解決後に
『閲覧履歴なんてそこまで影響するのかな?』
と疑問を呈していたが、
『直れば良いんでしょ!』
と申し上げたい・・・

今更、PCやブラウザの仕組みについて根本から学ぶのは
『無理じゃねぇ?』
って思うんだよ・・・違う?

それとさぁ~、何度も言うけど
イマドキのPCのマシンスペックはXP時代とは比べものにならないほど
進化しているのよね・・・

メモリーがなんちゃらかんちゃら、
CPUがどーだらこーだら・・・

そんなんでWebが閲覧できないようなら
タブレット端末やスマホなんかフリーズどころか
急速冷凍保存されちゃうよ・・・

まぁ、考え方は自由だけどさぁ~、
逆に『低スペックでも解決策はあります!』
って、言う人は居ないのかね?

Cv5y7vOVMAAJS0y.jpg 
今の気分はジャバ・ザ・ハット!

 

では、また何年か後に・・・ 

 

 

 


nice!(2)  コメント(2) 

これで億万長者確定(^_^)v [守護神様]

裏側からEMSが届く

IMG_2545.JPG

 
 
中味は
IMG_2544.JPG


 
IMG_2546.JPG
これで拙者も億万長者確定だね!

 
意味不明の方は

 

パウロさん来年はブラジルに行けそうです、
上手くいけばオリンピックにも間に合うかな・・・
ありがとうございましたm(_ _)m


nice!(6)  コメント(4) 

ファーストステージ終了:完 [FX]

ファンダメンタル分析とテクニカル分析

細かい話しはネット上に溢れているので、
そちらを参考にして欲しいが・・・

競馬新聞に置き換えると

ファンダメンタル分析は厩舎情報や騎手の話し馬主情報および極秘情報(無いと思うけど)

対してテクニカル分析は調教タイムや過去のレース傾向みたいなものであろう。

これも異論は多数あろうが
議論を戦わせるつもりは全く無い・・・

その道のプロ(FXトレード)がムキになって
デモトレード三ヶ月のジジイに食って掛かっても大人げないよ・・・

但しね・・・
三ヶ月も経たないうちに『破産確率』まで自力でたどり着ける
ジジイも少ないと思うけどね・・・



さて、7月8月9月中半まで出来る限りの方式で
エントリーした。

投資スタイルにしても、最終的に

 
スキャルピング

 

デイトレード

 

スイングトレード

 
長期投資



 
のどれに落ち着くのか・・・

この中で私の性格的に難しいと思われるのが『長期投資』である

だから最初から除外した・・・

結論から申し上げれば目指すのは

限りなくデイトレードに近いスイングトレードである。

スキャルピングは即決で良いのだが
結果が全て・・・ダメである

 本当はデイトレードが良いのだが決済が伸びて
日をまたぐ事が多い・・これもまた結果論である。

 さて、手法は迷うことなくテクニカル分析で
ファンダメンタルは参考程度にする・・・

専門家の中には海外情報を英文で直読みし
ファンダメンタル分析に活かせと宣う大先生もおられるが、
そんな事が出来るくらいなら、その能力を別方面で活かした方が健全である。

但しテクニカル分析も多種多様でなかなか上手く機能させる事が出来ない

そこに一つのキーワードが浮かんだ・・・

『時間軸』

繰り返される事象・・・

そして一つの手法に焦点をあてた・・・

『一目均衡表』

1936年に細田悟一氏よって考案された分析方法

当然その頃は株取引の手法として公開されたものである。

参考とすべく以下の書籍を買い求めた

一目均衡表:田島.jpg
(定価1,200が中古で2,000円也)
そして補足資料として
波動:杉田.jpg
(1,200円也)

この二つ、特に『FX 一目均衡表 売買シグナル』に記された
”投資家の多くが『価格』だけではなく『時間』に縛られている裏事情”
と言う文面には ”目から鱗が” の感があった・・・

但し、本書にもあるようにひとつの手法が万能では無い事も
改めて知らされた・・・

また、ターゲットとなる通貨ペアも
所謂、ドルストレートの組み合わせに絞った・・・

通貨ペアについて言えば当初は分かりやすさもあって
ドル・円以外はクロス円ばかり選んでいたがのだが、
値幅が大きいのは良いが、分析が複雑で結果が思わしくない・・・

これは取引量も関係してくるようだ・・・

クロス円は日本市場以外での取引量が少ない・・・
大口の取引でいきなり方向を変えやすい


どんな世界でも同じだがパイが大きい方が
データ処理の信憑性が高まるのは当たり前の話しだ

と言う事で当面は
ドル・円
ユーロ・ドル
ポンド・ドル
ドル・スイスF
に絞って投資することにした

その結果、9月21日からいきなり好成績となった訳だ・・・

かといって、安易に本取引を開始したりはしない。

初期の段階で本口座も開設しているが、
まだまだ時期尚早である・・・

まあ、この辺はスロプロ時代に養われた性だろう。
パチ屋に行っても打たずに帰る事が出来る。

また、書き忘れたのだが
マイナス収支と面と向かって対峙する事も出来る。

さて、いよいよセカンドステージが始まるのだが、
半分に減らした資金をどこまで戻せるのか・・・

あるいは破産に至るのか・・・

人生最後の
血湧き肉躍る大舞台が
今、幕を開ける!


nice!(5)  コメント(1) 

ファーストステージ終了:④ [FX]

さて『外為どっとコム』のデモ口座はリアルタイムで
ほぼ本口座と同じ状況で取引が可能だ・・・

使用期間は90日間である。

期間が過ぎても再登録で何度もトライできる。

ともかく最初に考えた事は
”取引に慣れる”
ということ・・・

競馬でもそうだが、馬券にも多種がありそれぞれに
買い方(BOX・フォーメーション等)の違いがある。

初心者は競馬場やレース番号などを間違えたりもする・・・

FXトレードにあってもエントリーの仕方や決済方法も多様だ・・・

実弾で試すにはリスクが多すぎる・・・

過去を振り返っても、
競馬にあっては最初に2~3ヶ月の予想のみの期間があり
実戦に及んだし、

スロットにあっては中古の実機を買い
半年ほど技術的な訓練を重ねデビューしたものである

FXトレードも同じ事、
デモ口座がなければ絶対にやらなかった・・・

それは嘘偽りない事実である・・・

さて話しを戻そう、
『やれる事はデモのうちに』
の精神で最初は勝ち負けには拘らなかった

信じて頂けないかも知れないが、
『買』と『売』を間違えて大損をかまし、
決済したはずが未決済でロストカットされ大損

そんな事が連続して起きた・・・

その都度、冷や汗をかいたし
『バーチャルだからいいや!』
と楽観はしなかった・・

 さて、スロプロ時代の経験上
資金管理は第一重要項目と考えている。

取引利履歴の記録は勿論の事
全取引の収支、通貨ペア別の収支、pip収支等々

やるべき事は山ほどあった・・・

通貨分析.jpg
通貨分析2.jpg

まず始めにエクセルで上の二つの分析を行った。
画像では二つだが実際には一つのシート上に表示している。

 
これはデモ口座の取引履歴をCSVファイルとしてダウンロードし
一旦別シートで開き、コピペして処理した。
通貨分析CSV.jpg
まぁ、最初はこれで良かったがすぐに問題が発生・・・
CVSファイルが取引100件分しか一つのファイルとしてダウンロード出来ない・・・

 
つまり、取引履歴が250件だとすると三つのファイルとなってしまう・・・
そして時系列を順序通りにするのがめんどくさい・・・

 
また、これは将来的な話しだがリスク回避のために
取引口座を複数持つのが一般的であるようだ・・・

 
その場合ファイル形式が違ったり、履歴そのものを落とせない場合もある。

 
と言う事で日々の取引は都度打ち込みとし、
また、追加分析項目や不要項目を非表示にあるいは削除した最新の形が
下の二つである。
通貨分析新.jpg
通貨ペア分析


 
曜日分析.jpg
曜日分析
キーポイントは『通貨ペア分析』における赤丸で囲んだ部分
『破産確率』
である・・・
 読んで字の如く・・・
取引を続けた場合に破産に至る確率・・・

 
ちょいとムズイ数式から導き出される数値である・・・

 
 
私のような旧式CPU搭載のジジイには極めて難解・・・

 
 
ネット上を3日ほど徘徊して、 
何とかエクセル上で機能させる事が出来た・・・ふぅ

 
 一般的には1%未満の数値が望ましいとの事・・・

 
画像では恐ろしく低い数値が表示されているが
これには事情があってそれは後ほど・・・

 
また曜日分析はポジション保持した曜日であって
決済した曜日では無い・・・

 
つまり、エントリーするポイントが全てであって
決済は二次的要因と考えている・・・

 
これについては異論もあろうが、
一切受け付けるつもりは無い・・・

 
さて、先に述べた破産確率の数値だが、
これは全取引の記録ではない・・・

 
本格的に勝ちに拘った時期からの記録である
通期の収支グラフ.jpg
青丸で囲った部分は10月の成績であるが、
実際には9月21日からプラス収支に転じている・・・
その時期からの通貨ペア分析なので破産確率は参考と観てほしい。
さて、何故いきなりプラス収支になったのか・・・
それは明日以降に
・・・続く・・・

タグ:FX 破産確率
nice!(4)  コメント(1) 

ファーストステージ終了:③ [FX]

話しは前後するが、
初めてこの世界を覗いた時、必ずしもすんなりと受け入れられたわけでは無い

まだ若かりし頃、
株の世界における裏側を知る方と懇意にして頂いた時期がある。

社会的地位も遥か雲の上だったが、その方が
『Luci君、株はやらん方が良いぞ・・・*&$#%』
後半の話については、ここでは伏せるが、
その時に、株には一生手出ししない事を肝に銘じたわけだ・・・

だから ”三つ子の魂百まで” では無いが、
どうも心に引っ掛かるものがあるのも事実だった。

まぁ、株とFXは似て非なるもの・・・

同じであっても30年以上経っているから時効かな(^_^;)

とは言え、下図を観るまではFXをネガティブにしか捉えていなかった
のは本当だ・・・

ローソク足BID.jpg
これは単位時間あたりの値動きを棒状のローソク足とよばれる形に置き換え
並べていったものである・・・

 
そして、これはそれらの値動きを平均化して折れ線グラフと表した図である
2ラインBID.jpg

では下図は何であろうか・・・?
スロ・ライン.jpg

私の履歴を知る人ならもうお判りだろう・・・

かつてのスロプロ時代に記録・保存した
出玉の推移グラフ・・・所謂
”スランプ・グラフ”
である・・・


この二つがオーバーラップした瞬間・・・

 
私の中に眠る・・・
 
燃え尽きたはずの・・・

あの感情が蘇ってきたのである・・・

それは抑えきれない衝動にも似て・・・

抗う事を許さず・・・

まるで憑依するかの如く
私の心を支配したのである・・・


 

さあ、そこにあるのは

 
全てからの解放

なのか

 

・・・あるいは

人生の破滅

 に至るのか・・・


下流老人が叫ばれる昨今、
やらずに枯れるくらいなら、
自爆した方がマシなようである・・・

・・・続く・・・


nice!(2)  コメント(2) 
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。