So-net無料ブログ作成
『原価消却』から始める簿記2級検定 ブログトップ
- | 次の10件

原価消却から始める簿記2級検定:その⑤ [『原価消却』から始める簿記2級検定]

それでも8月の声を聞く頃には
練習問題の正答率も上がってきた・・・

そこで三級の仕上げに過去問を入手しようと
思った訳です・・・

ここで後々の命運を分ける奇跡的な出逢いが生まれるのだが、
その時にはまだ事の重要性に気付いていなかったんだ・・・

本来なら素直にAmazonをポチるところをYahooで
”簿記3 過去問”
とググった・・・

幾つか引っ掛かってきたがその中に
”新パブロフくんが日商2級、3級を目指すブログ”
というのにぶち当たった・・・

そこでは、過去問の傾向を分析し独自に実践形式の演習問題を
pdfファイルとして無料配布していたんだね・・・

①問題
②答案用紙
③解答
④パブロフ流解説・下書き

上記がセットになり1回~6回まであった。

『いいジャン、良いジャン、最高ジャン!(^^)!』

と三級編を早速ダウンロード、第一回の問題と解答用紙
しゃっしゃか印刷したのが8月第一週、金曜日の夜だった

『よっしゃ、明日は朝飯前にチョチョイとやっちゃおう!』

と暢気に構えて泡デール(一番搾り)を呑んじゃったんだよな・・・

”カラス、かぁ~と鳴いて夜が明ける・・・”

年齢に暑さも手伝って、翌朝は四時半頃に起床、
フレンチブルーのアイスをこさえて、いざ出陣!

本番さながらに二時間をメドとして
五時開始、七時終了と決め 取りかかった・・・

そして全ての解答を書き終えたのが・・・


 
 

”11時”

がびぃ~ん、朝飯前が昼飯前になっちゃった(-_-;)

勿論、途中で制限時間は無視することにしたし
トイレにも行った・・・

それにしても

『ろ、く、じ、か、ん・・・ろくでなし』

とりあえず、これで点数が低かったら
簿記は諦めようと思ったね・・・

軽い昼飯を済ませ、採点してみたよ・・・

確か86点だったかな・・・

『一応の理解は出来てるって話しかな・・・』

『それにしても4時間短縮は容易じゃ無ぇ~な(-_-)』

・・・・・続く・・・・・


nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:資格・学び

原価消却から始める簿記2級検定:その④ [『原価消却』から始める簿記2級検定]

Bムス君の結婚式(6月28日)を終えても
まだ重い腰は上がらない・・・

 

さすがに7月の声を聞いたら
『そろそろやんなきゃマズイよね(^_^;)』
ってことで、初旬の週末から少しずつだけど読み進めた・・・

ここで一つの感覚が私の中に芽生え始めたのだ
『こりゃ、新しいカードゲームを覚えるのに似てるな・・・』
つまり初めてトランプを使うカードゲームを始めるのなら
それぞれのカードの名称を覚える必要がある・・・

そして各々のカードはゲームによって役割が変わる・・・

 

例えばブラックジャックおけるエースは1であったり、11であったり・・・

640px-Blackjack_game_example.jpg

まぁそんなくだらないことで気を紛らわせながら
歩みを進めた・・・

一度目は全部を読み終えるのに二週間ほど掛かったかな・・・

随分と遅いペースだとお思いだろうけど
初めての言葉が多すぎて拒否反応があったんだよね・・・

そして、二度目は各章にある練習問題を解きながら
改めて読み進めた・・・

この段階での正答率は50%程度・・・

基礎的な問題でも本当に分からなかった・・・

とどのつまり、記憶力が低下しているんだろうね・・・

さっきやったことが今、分からない・・・

それこそ5分前の事さえ忘れていたよ・・・

そして、三度目は練習問題だけをやった・・・

ここで言う練習問題は本番の問題よりも
遥かに難易度が低いにも拘わらず、正答率は七割程度・・・

『これじゃ、Bムス君にも負けちゃうね(>_<)』

と、やっと現実の厳しさに気付いた馬鹿オヤジであった・・・

・・・・・続く・・・・・


nice!(8)  コメント(5) 
共通テーマ:資格・学び

原価消却から始める簿記2級検定:その③ [『原価消却』から始める簿記2級検定]

『オレ様はBムス君よっか、頭よい子ちゃんだから大丈夫か!』

と無意味な自信に満ちあふれて仁王立ちしたのが6月初め、
満57歳になってから一ヶ月半後の事でした・・・

早速、試験日程を調べたら毎年2,6,11月に行われていることが判明

当然のように6月は間に合わないので、
11月に照準を定めました・・・

午前中に三級を受験し、午後から二級という併願も
あるとの事です。

まぁ、どうするかは申込時期に考えるとして、
やはり基礎から学ばねばと思い”ピラルクが生息する大河”をチェック!

三級のテキストで売り上げナンバーワンの
IMG_20141117_0001.jpg
をポチッ!
(1,026円也)

 

併せて、こちらも電卓売り上げナンバーワンの
canon_hs-1220.jpg
もポチッ!
(Canon HS-1220 TUG SOB:1,598円也)


但し、電卓における選択は誤りであることが判明するのだが
それは後々にね・・・
 

 
手元に届いたのが6月17日だった・・・



 
パラパラと頁を捲っては見たのだが・・・

 
『ムリじゃ無ぇ(-_-;)』

 
と、独りごちる・・・

 
肌に合わない、所謂違和感、招かれざる客・・・

 
ほらっ、おにぎりに巻いてあるアルミ箔を咬んじゃった事
ありません?

 
”にじゃ”

 


って言うあの感じ・・・

 
そしてその日は、早々に止めにした・・・

 
翌日はBlogのオフ会だったんだよね、
確かmutuminさんが上京したんだよ・・・
(pちゃん・HC君・黒猫ちゃん・まほさん・mutuminさん+PAULOさま電話参戦)


 
よせばいいのに事の顛末を語り
前日の”ムリじゃ無ぇ”は何処へやら・・・
『簿記二級を受けるんだよ!』
って言っちゃったんだな、呑んだ勢いで・・・

 

ふと白面に戻り、口は災いの元だなぁ~と
クチだけ星人軍団(親知らずさん・まほさん・mutuminさん)
を前にして思った途端・・・

 
HC君が、
『俺、持ってるよ(^_^)v』
なんて、いとも簡単に言いやがった・・・ 

 
そして翌日からBムス君の結婚式(6月28日)まで
積ん読状態に至ったのである・・・

 
このやる気のないジジイに付ける薬は無ないものかねぇ?

 
・・・・・続く・・・・・

nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:資格・学び

原価消却から始める簿記2級検定:その② [『原価消却』から始める簿記2級検定]

『原価消却』

私は長年勘違いをしていた

正しくは
『減価償却』

お恥ずかしい限り・・・

私は現在57歳・・・

 
職歴は一環として製造業であり、
今の勤め先で5社目となる。

但し、最初の会社だけが上場企業だっただけで、
後は先細りの零細企業ばかり・・・

もう少しまともな組織に勤めていたなら、
財務会計の知識や実務としてのコスト計算を
身に付けていなければならなかったハズだろうが、
いかんせん”さんちゃん企業”に毛の生えた程度の会社ばかり・・・

また、私自身に簿記に対する興味もなかった・・・

だから『原価消却』などと言う
とんでもない勘違いをしていたわけです・・・

しかし、そんな簿記とは無縁の私が、
何故今回、簿記二級検定に挑戦することになったのか?

事の発端は今の勤め先にある・・・

 

私の勤め先は北関東にある零細企業、
2012年10月から勤め始めている。


元々は都内で操業していた小さな町工場・・・

諸般の事情で得意先の近隣に居を構えることになったのだが、
ちょうどリーマンショック後の不況のまっただ中

経営者に迷いがあったんだろうね。

とある、経営コンサルタントと知り合ってしまった・・・

資格としては中小企業診断士、
既に何社かの面倒を見ていたとの事だ・・・

2011年に新工場が操業となったのだが
その前々年から指示を仰ぎ始めたらしい・・・

この男、元々は営業畑の人間というのだが、
初めて会ったときの印象は
如何にもタコにも胡散臭さの極みであった・・・

その頃、月一で『*#塾』という形で
半日も潰し今後の展開なり方針なりを話していたのだが、
そこに宗教が入り込むからややこしい・・・

何とこのコンサルタントは
例の”空中浮遊研修会”に100万円の大枚をはたき
参加したそうである・・・

最近でこそ私が露骨に嫌な顔をするので
宗教の話しはご無沙汰だが、相変わらず能力を感じない・・・

逆に日々、彼に対して不信感を抱いていたわけである

そして二つの事件が起きる

①ライン別売り上げ算出事件
私は今の会社に、正社員となる前からアルバイトで参加していた。既にその頃から『*#塾』にも顔を出し、とりあえずの意見交換をしていた。そして一つの提案をしたのである。
「この会社にあっては三つのラインで操業しているにも拘わらず、全てがどんぶり勘定である。これでは何処が利益を生み、また何処に無駄が発生しているのかが分からない。従って各ラインの売り上げを月次で算出すべきである。それらにコスト計算を併せて今後の方針にすべきだと考える」と述べた。
(注:この時に工業簿記の知識は全く無い)
コンサルタントは無反応で私の意見は黙殺された・・・
その半年後、年度替わりの『*#塾』で、糞コンサルが突然次のようなことを宣うた・・・

「昨年度までのやり方ですと、各部署での成果と無駄が分かりづらいですよね。ですから今期のテーマとして各部署の売り上げ及びコストを概算でも良いから求めるようにしましょう!」

私は唖然として言葉も出なかったが、社員Aが抑えきれない様子で

「それって、凶状持ちさんが最初からずっと言ってた事じゃないですか?」

と発言した・・・
当然のようにその言葉も黙殺・・・

「担当を決めましょう」

と議事は進行していく・・・

終了後に意見を言った社員Aが私に対して、
「黙っていて、良いんですか?」と気色ばった・・・
「まっ、良いんじゃねぇ~かな、会社のためになれば」
とだけ、応えた・・・

 

②固定費、変動費事件
別の『*#塾』での出来事。
若手社員が、次のように述べた・・・

「製品Xは売り上げに対してコストが掛かりすぎると思います。何故あのような仕事を入れるんですか?」

それに対する糞コンサルの答えは

「コストには固定費と変動費があり、固定費は何もしなくても毎月掛かるんですね。ですからその部分を埋めるためにもそう言った仕事が必要不可欠なんです」

「でも、どう考えてもムダだと思うんですけど?」

「いいえ、必要なんです!」

私は心の中で
『赤字の累積が、黒字に変わるわけ無ぇ~だろ・・・ 魔法使いじゃあるまいし』
と呆れていた・・・

そして知らぬ間に、製品Xは消えていた・・・
それ自体は正解だろう、しかし担当社員に対して説明責任はあるはずだ、違うかな?


 

 

 

二つの事件で私の中には糞コンサルに対して、
大きな疑念が沸き上がったのである・・・

『こいつ、製造業に対する知識がまるで無いな・・・
財務会計はどうなのよ?』

そして、
『こいつと対峙するには、理論武装するしか無ねぇ~な!』

『財務会計って事はボキか・・・』

『商業簿記だけじゃダメだよね、工業簿記もやんなくちゃ・・・』

『Bムス君は簿記三級だったかな?』

『でもCムス君は二ヶ月で二級だったよな・・・』
(14ヶ月で税理士試験の5科目中2科目を取得しちゃった強者)

『オレ様はBムス君よりかは、アタマ良い子ちゃんだから大丈夫か!』

と大勘違いが始まったのが2014年6月初めの事でした・・・

・・・・・続く・・・・・


nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:資格・学び

原価消却から始める簿記2級検定:序章 [『原価消却』から始める簿記2級検定]

この記事は2014-11-18に投稿したものですが、新シリーズ『原価消却から始める簿記2級検定』の序章とするべく加筆し、整合性を持たせるため記事のURLも変更しました。

また、初めて訪れる方々のために、登場人物を以下に紹介します。
(登場しない人も居るけど・・・)

1,家族関係
 

 
Bムス君
凶状持ちの長女、典型的なB型で自己中&周回遅れのおバカ・・・
でも、父をこよなく愛している

Cムス君
凶状持ちの次女、幼いころから何でもそつなくこなす、所謂良い子。担任からの信頼も厚かった。
就職に失敗し、人生が変わる。
また本人は幼い頃から自分はA型であると思い込んでいたため、就職後にB型であることを知り愕然とする・・・
そして今や真性のB型人間として人生を謳歌している模様・・・


 
 

2,ブログ関係

PAULOさま
通称:裏星人さま
ニッポンの真裏にあたる南米ブラジル・サンパウロにお住まいのブラジル人。
元々はコテコテの日本人であるが、諸般の事情で表と裏を行ったり来たりの謎の人物・・・
MacとiPhoneを使っているにも拘わらず、マイクロソフト&アンドロイドの拙者にアドバイスを求めてくるマイペースな爺さん。でも時々”年の功的発言”が心に響く、我が人生の師でもある・・・

pnさん
通称:pちゃん
横浜の鴨居に生息する。本業は清掃会社勤務だが、趣味が高じてカメラケースなどの皮革製品を受注生産販売。
とても綺麗な奥様が居るとの事だが、ブログ仲間でその存在を確認した者はいない・・・
奥様のブログも、彼の自作自演説が有力である。

HOTCOOLさん
通称:HC君
全国各地を飛び回るビジネスマン。読書・映画鑑賞・グルメ・写真・競馬・女性と多才な趣味で寝るヒマがない不良中年。多分移動中に寝てるのかな?

親知らずさん
通称:黒猫ちゃん
私と同い年と言うことで、デフォルト設定は同級生と言う事にしている。昨年、念願であった相方の断捨離に成功、今は御自分で二人のお嬢様(大学生)を養っている。まぁ肝っ玉母さんだね・・・
また、自他共に認めるSONY大好き人間、機械女子でもある。

まほさん
通称:まほさん
限りなくO型に近い超天然のA型人間。絶対に傷つくことはなかろう・・・
ブログタイトルからも分かるように、文化芸術に精通している”生ける文化庁”。また、ブロガーであるにも拘わらず写真を撮り忘れる不届き者。やはりO型に違いない・・・と私は確信している。

mutuminさん
通称:mutuminさん
北の果て青森の陶芸家&農業研究家。 ”むつみ釜”の主宰である。
彼女の半年も雪に埋もれる生活を観ていると、時間の大切さと共に日本の広さを改めて感じる次第。



 
3,その他のWeb関係

kanonさん
今年の春頃、Web上で偶然知り合った方。
詳細は存じ上げないが、知性と教養を兼ね備えた奇跡的な美貌を有する女性である。
当然ではあるが、私の心は秒殺されたね。
今後もお逢いすることは無いのだけれど・・・
出来れば私の葬儀の時に喪服で突然現れて、そのあまりの美しさに周囲からどよめきが起こり、それに驚いて私が甦るというストーリーを考えているが・・・どうでしょう?


 
4,会社関係

糞コンサル
弊社の経営コンサルタント、中小企業診断士。
カルト信仰者、無能。

社員Aなど・・・

・・・・・以上、登場人物紹介・・・・・

 

 



『原価消却から始める簿記2級検定:序章』 

     
 

2014-11-16(日曜日):第138回 日商簿記2級検定が行われた。

DSC_0071.jpg

場所は獨協大学
DSC_0069.jpg
東棟である。


検定試験は全5問出題される。

1問~3問までが商業簿記
4問、5問が工業簿記である。

配点は各設問が20点×5問=100点であり、
70点以上が合格となる。


で・・・結論から申し上げれば、確実に落ちた

第2問目に、過去137回の試験に置いて一度も出題されたことの無い
『株式資本等変動計算書』
が出題された。

私が使用しているテキストには載ってさえいない・・・

つまりその問題は0点である。

残りの4問で70点を獲得出来る程の完成度が
あろうハズも無し・・・

 第3問も、悪意丸出しのひねくり回した
表現で、時間ばかりが過ぎ去って行った・・・

恐らく良くて62~65点、ひょっとすると50点台の可能性もある。

帰りの電車からCムス君にメールした・・・

Cムス君は某私学の英文科を卒業した後、O原専門学校に入り直し
在学中に税理士試験5科目中2科目に合格した強者である。
その後、車関連の系列企業に入社し、コスト計算の業務に就いている。
まぁ、簿記のプロだね・・・

 

『株式資本等変動計算書って何だよ?』

『株主資本等変動計算書は、私がやってた頃(2011年~2012年)は2級では出なかったはず!

1級で勉強したよ。

出題の仕方が変わったのかなぁー…

もしテキストに「参考」的な感じで載ってると、出題される可能性はあるけど…』

 

『俺の使っているテキストには載ってないよ、参考にもね』

 

『参考にも載ってないかぁー…

今回の出し方は卑怯だね』



 
と言うことらしい・・・

それと初めての受験だから以前の雰囲気を知らないのだが
どう見ても諦めたとしか考えられない程の速さで退出していく受験者が多々いた・・・

私の隣のお嬢さんなどは完全にフリーズし、最後に溜息がもれた・・・

ネットのカキコを見たのだが、過去十数年で最強の難易度だと評され、
合格率は20%を下回ると予測されている。

正直申し上げて、私のような不純な動機で受験している者はどうでも良いのだが
経理を業務としていたり、またこれから就職の為にどうしても合格したい人達には
あまりにも酷な仕打ちでは無かろうか?

Cムス君の弁を借りれば
『日商は卑怯だ!』
と吐き捨てられても致し方なかろう・・・

次回は来年の2月22日である。

とりあえず、今までのやり方で今一度受験し
もしもまた、1級の範囲から出題されたら1級のテキストを買い求め
来年の6月に備えるつもりである。

但し今回のように全勢力をつぎ込むのはアホらしいのでヤメにした。
こんな事ならPAULOさま&pちゃん&HC君その他クチだけ星人軍団と
熱海に行けば良かったと本気で思っている・・・・
(もしかしたらkanonさんも来たかも知れない)


それと競馬にも御一緒したかった。

だから、今後はゆっくりとノンビリと挑戦することにした。

まぁ記事ネタとして
マイカテゴリーを一つ増やし、時折御報告しますよ。


取り急ぎ、不合格報告まで・・・


・・・・・ここまでが11月18日の記事でした、明日以降続きます・・・・・


nice!(6)  コメント(10) 
共通テーマ:資格・学び
- | 次の10件 『原価消却』から始める簿記2級検定 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。